五月病対策

五月病対策【病院に行く】

ちょっとでも体調や気分におかしいなと思う様な所が有ったら直ぐ病院に行くのも五月病対策の1 つの方法です。

 

新しい環境になるとどうしてもストレスが貯まってきます。酷い場合は五月病の症状を現してくる人もいるでしょう。

 

直ぐに治る場合も有りますが、体調不良や気分の不調がちょっと続く様でしたら五月病よりは適応障害、気分障害かもしれないと言う事も考えて、病院に早めに行って治療を受ける様にしましょう。

 

病院に行かないで放っておいたとします。もし五月病ではなくて精神疾患であるとしたら、最悪治療が遅れて症状が悪化する可能性も有りますので注意したいところですね。

 

精神疾患の場合は抗不安薬、抗うつ薬を投与する事で治療が出来ます。そうすると症状も改善が期待出来ますのでちょっと様子がおかしいなと思ったら、自己判断はしないでお医者様に頼ってみましょう。

 

本人がおかしいと気付かなくても周りが気付く場合も有ります。そうした場合は心療内科、精神科を受診する様に周りが勧めるのも一つですよ。今は学校でも職場でも1 つの所で安定せずに環境が絶えず変化している時代でも有ります。

 

そんななか「自分は精神疾患にはならないぞ」と言い切れない部分があるのが悲しいですよね。でもまだまだ他人には言いだせないのも事実ですので、ちょっと辛そうだなと思ったら本人でも周りでも病院に行く様にしましょう。

 

ちょっと気にかけてあげる事で症状を改善させて挙げる事が出来るんですよ。

 

五月病対策

五月病予防【ストレスフリー】

ストレスを貯めずにストレスフリーな生活をする事こそ五月病予防には良いみたいです。五月病はあなた自身が新しい生活に対して一生懸命取り組んだ結果なのです。

 

一生懸命取り組みすぎたので、ちょっと体が休めた瞬間に心身のバランスを崩してしまって五月病に陥ってしまったのです。五月病になってしまったのは仕方ありません。

 

この先は今までみたいな一生懸命取り組む姿勢をちょっと休めて、一息入れながら生活をしていってはいかがでしょうか。

 

ちょっと周りを見るとあくせくして自分より先に進んでいる様に見えるかもしれません。他の人が3 歩進んでいる所、あなたは1 歩かもしれません。

 

それでも良いと思うのです。あなたのペースでストレスをあまり感じない様な感じでいきましょう。

 

五月病の症状ってうつ病の症状と似ていると言われています。「うつ病?」と思うかもしれませんが、誰でもなる可能性がある病気です。思い詰めたら悪化してしまいます。

 

一時的な物、心が風邪をひいたんだと思って、時間が経ったら治ると信じましょう。焦らずゆとりの心を持つと良いですよ。

 

何の病気でもそうですが、早い段階で対処をするとそれだけ早く治りもします。ですから五月病になったかな、自分じゃどうして良いか分からないなと思ったら専門のお医者様に診てもらう様にしましょう。

 

自分ではストレスフリーを心掛けて、リラックスしていきましょう。イキイキと有意義に過ごす事が五月病予防には効果あると思うのです。

 

 

五月病対策

五月病対策【栄養素】

栄養素は身体にとても必要な物です。身体に不足してしまうと体調不良に陥ったり気分がすぐれ無くなったりしてしまいます。そんな中、五月病で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

五月病はなってみると結構辛い症状だと思います。ストレスを感じたりイライラしたりしていないでしょうか。そこでそんな五月病の症状を解消する為に効果的な栄養素をご紹介します。

 

食事で摂ってもサプリメントで摂っても良いですね。参考にしてみて下さい。
とにかくバランス良く食事をする事も五月病対策には必要なのですね。

 

【ビタミンB 群】

 

疲労回復効果が有り、脳の働きも活性化させる優れた栄養素になります。神経疲労を軽減させます。ビタミンB 群が身体から不足してしまうと食欲不振に陥ってしまいますので注意しましょう。ビタミンB 群が含まれている食材は、ウナギ、バナナ、レバー、サツマイモ、豆類、玄米等が挙げられます。

 

【ビタミンC】

 

ビタミンC が体内から不足するとイライラしてしまう様になります。ストレスが有るなと感じたら意識して摂取する様にすると良いでしょう。ビタミンC は野菜、果物等から摂取出来ます。

 

【カルシウム】

 

カルシウムが不足するとイライラするから小魚を食べなさいと、昔母親に言われた記憶が無いでしょうか。その通りに神経が興奮してイライラしてきます。カルシウムを摂取する事で神経の興奮を静めたり、神経の伝達を正常化してくれる働きが有ります。是非意識して摂取する様にしましょう。

 

 

五月病対策

五月病対策【食材】

ゴールデン・ウィークが過ぎたあたりから段々と症状が出始めて悩まされるのが五月病です。そんな五月病にならない為、なっても軽い症状で乗り切るために5 月は5 月旬の食材を使った料理を食べる様にしたら良いですね。そこで5 月に旬な食材にはどんな食材が有るのか取り上げてみましょう。

 

結構5 月に旬な食材と言うのはたくさん有るのですが、野菜としたら新キャベツ、新玉ねぎ、ピーマン、アスパラ、竹の子、さやえんどうなんかが挙げられますね。

 

五月病に良いと言われている成分にはビタミンC が挙げられますが、ビタミンC が入っている野菜はキャベツやさやえんどう、アスパラ等が有ります。

 

果物ではイチゴ、魚ではマグロ、カツオなんかも良いですね。さやえんどうにも色々種類が有って、絹さや、スナップエンドウ、グリーンピース等が有ります。

 

色々な使い道が有りますから是非食べたいですね。筍も若竹煮、筑前煮、竹の子御飯、焼き竹の子等色々食べ方が有ります。わかめも旬の食材で、サラダでも良いし味噌汁に入れても良いですね。

 

この様に色んな食材が5 月の旬には有ります。考えるだけでも美味しそうでウキウキしてきそうですよね。食材を知ってその時の旬の食材を食べる事は身体も心も大切にする事に繋がります。

 

また旬の食材にはその時の栄養が豊富に含まれている上にお求めやすい様にお値段も安く設定されているようです。しっかりと食べて栄養を付けて五月病にならない様に予防して行きましょう。

 

五月病対策